Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

赤ん坊の夢

医局の自分の本棚の片隅に古い児童書が置いてある

かつて自分が使っていた本だろうか

 

外来で色白で白い服の妊婦を見る

臨月の大きなお腹に既に生まれている乳児の赤ん坊を背負っている

赤ん坊もやたらと色が白く巨大児である

背負っている子供をいとも簡単にひょいと下ろす

お腹が大きくて大変そうだ

1歳にもならないであろう子供がいるのに

もう臨月だなんて一体どうなっているんだ?

 

ふと気付くと自分も赤ん坊を抱いている

私の赤ん坊もやたらと重たい、成人のような重

全身チアノーゼで舌を出して白眼をむいている

慌ててあやすと眼が合うが、やはりチアノーゼのまま

引きつけているわけでないし、喘息でもない

このチアノーゼは心臓が悪くて心不全??

生まれたばかりのはずなのにめちゃくちゃ重い

まるで昔話のお坊力のように・・・