Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

古代竜の夢

スカイツリーのような大きな建物の上層階で

何か医者の会合をやっているが、私はそこを立ち去り

大きな建物から出て行こうとして1階を目指してひたすら降りていく

1階の飲食店や女性数人のアカペラのストリートパフォーマンスを脇目に見ながら建物の外へ出る

もう会合なんか戻らなくていいや、逃げよう

 

頭の上に黒い大きな影、竜?

黒い竜、とても戦闘的な大きな黒い西洋竜、古代竜?

竜騎士の鎧をまとえ、と

竜の皮膚でできた鎧だから竜と共に火の中にも行けるし、「病」とも闘える、と

私は嫌がった

あの優しい黒い竜は?

鎧なんて嫌だ、闘いたくない

火?バルトレックスじゃダメなの?

それにその戦闘形態の姿でも乳房はあるの?無いならダメ

私は竜の皮膚の鎧を脱ぎ捨てたが、裸だった

それに驚いたけれど全裸で逃げ出した

気が付くと師匠のオフィスにいて色々と説教されていた