Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

竜が巻く雲の夢

都会の雑踏を移動していると

何かオベリスク状のモニュメントから壮大な竜巻状の雲が天に向かって立ち上っていた

西日に当たって黄金がさしていた

あまりに荘厳なのであっけにとられて眺めていた

誰かと電車に乗って移動中だった

みな驚いていた

 

このとき向かっているのは自分の家で、

隣がジュニアアイドルの事務所兼控え室のようで

この電車の沿線だった

ところが竜巻状の雲のあと景色が変わって

岩木山?茨木山?の壮大な山の斜面を眺めていた

紅葉と霧に覆われ、ところどころ山肌が見えて、

思い出せば氷ノ山や鉢伏山のような景色だった

 

気が付くとまた電車に戻る

駅で降りるとジュニアアイドル達に会う

彼女たちの本日の衣装、チロリアンな靴とサテンの黒いワンピースを渡されて着ることになる

大人の自分にはちょっと強引だな、と思っている