Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

腕の中で

蜘蛛が糸を登っていく間、私は乳房を吸い疲れて眠ってしまった
幸せな眠りがあったが、また拝火教徒の煮えたぎった王水の大釜を夢に見た
そして次のような言葉が投げかけられた
お前から母親を奪い、また無味乾燥な無機物の世界に引き戻してやる

生き物が居ない鉱物結晶の世界を思い出した
私は蜘蛛と一緒に森や河や動物の居る世界にやってきた
いやだ、あんな孤独な世界には戻りたくない

私は目を覚ました
私は必死になって言った
蜘蛛さん!お願いです、お願いです!私を見捨てないで下さい!ずっと一緒に居て下さい!
どうしたの?私はここに居ますよ?
怖い夢を見たんです、拝火教徒の大釜が私を脅すんです、お願いです、側にいて下さい・・・
私は壺の中まであなたを追いかけて来ましたよ、ずっと一緒でしょう?

また目を閉じた
自分の足を眺めている
くるぶしから先を壊死で失ってしまっていた
うわぁ、足が、足がない

ああ、気が変になりそう、目を瞑ったら悪夢しか出てこないんです、助けて助けて!
壺を出るまでの辛抱ですよ、頑張りましょう