Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

仕掛け罠

森の民の痕跡を見ながら森の径を歩き続けた
暫く歩いていくと径の左の奥の方に灯りをともした石像が2つ見えたような気がした
石像の皿に油と灯芯があって火が灯されているものだ
私はメイガスとクマたちにちょっと待っててと言って
左の細い踏み跡をたどって石像を見に行こうとした
少し行って何かが足に引っかかり、つま先を採られて前に転倒した
そのとき何かヒュッと飛ぶ音がした
ふくらはぎを何かがかすめた
メイガスさんが危ないっと叫んだのが聞こえた
獣の仕掛け罠だろうか
糸が獣道に張ってあって、躓くと矢が飛ぶように仕掛けが組んであったのだろう
メイガスさんがやって来て仕掛け糸を切って私を起こした
大丈夫?やっぱりこの辺は危険ね
元の径に戻って先を急ぐことにした