Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

とっくり型のバオバブ

一人と三匹はオアシスとは逆の方にどんどん歩いて行った
私は蜘蛛が巣をかけ直すのは大変だろうな、と心配になった
しばらく行くととっくり型のような壺型のようなバオバブの巨木を見つけた
ぱっと見た感じ入り口はない
ただの巨木かな・・・
ぐるりと回ってみた
すると1枚貼り紙があった
10分10000円・・・ええ?何これぼったくり法律相談?
まあ、いいや、誰も居ないんだから声かけるくらいバチ当たらないでしょ

あのー!誰かおりませんかー?
誰だね?ああ、あんたか?
とっくりの頭から声が帰ってきた
私がご存じの方なんですか?
いいや、初対面だ、でもあんたが来ることを知っていたよ
誰ですか?
今は隠者だね、かつてはシャーマン
あの儀式の人達とは違うんですか?
私は誰とも組まない、火を囲って踊らずとも薬酒を飲まずとも全てが見えるのさ
そこへ上がったら料金発生ですか?このタブレットについて知りたいのです
ほう、どこで見つけた?ああ、オアシスだね、この木の入口から階段を登っておいで
あの、貼り紙以外何もなかったですが?
もう一度見るんだよ

いつの間にか入口があって、木の中にらせん階段があった
上にあがると魔女の部屋のような場所だった
あんた黄金蜘蛛のところのお子さんだね?
え?私は子供じゃありません、気がついたら蜘蛛の巣に引っかかっていたんです
ふうん、でも黄金蜘蛛のところのお子さんだ
いや、まあ、お世話になってます
あんたその白銀のタブレットの意味を知ってるかい?
いいえ
ふうん、そこの古代文字の読み方を教えてあげようか
はい、このタブレットの意味も知りたいです
それは呪詛だね、ああ、料金の話をしてなかったね