Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

蜘蛛は黙して語らず

ねえ、君はどこから来たの?
キムくんに訪ねられた
私は腰に括られた蜘蛛の糸を示して、この糸の先から来たと答えた
ねえ、そこに一緒に行きたいな
チャーリーが言った
僕も
小熊くんも言った
そこでみんなで手をつないで来た道を引き返した
糸が垂れ下がっているところまで来てから糸を引っ張って合図すると
黄金蜘蛛は糸を引き上げてくれた
一人と三匹で蜘蛛の巣に戻っていた
蜘蛛は、あららという仕草で全員を胸の中に迎えた
空腹の私は蜘蛛の乳房からバオバブジュースを飲んだ
甘酸っぱいジュースだった
そして蜘蛛に訪ねた
下の森のどこかにオオカマキリが出没するらしい
蜘蛛は知っているけれど知らないふりをするような雰囲気だった
全員を懐に抱き抱えて、いいからもう今日は何も考えずに寝なさいという仕草だった