Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

風と地

箱庭の続き

f:id:Golden_Falcon:20180415184021j:image

f:id:Golden_Falcon:20180415184032j:image

呪術師は銀の器に火と水を置き、香炉を焚いて何かした
すると、風と地が現れた
火と水と風と地、四大元素が揃ったことになる

師匠は言った「火は何か扱うための容れ物が必要なのではないか?」
私は答えた「火山は私の中にある、容れ物とは私自身だ」
師匠は言った「ならば川も湖もあらゆるものがあなたの中にあって、火山はその中の景色の1つに過ぎない」

この箱庭の示すもの
四大元素による天地創造・・・火と水は大地にあって、風はそれらを調和するもの
ヘルメス哲学的に言えば、
かつての錬金術師たちがフラスコの中で天地創造したのと同じこと
これはマクロコスモとミクロコスモの関係にあって
即ち、自らの中に大地を持ち、火と水があり、風がそれらをかき混ぜるのだから
大地とは肉体、風とは魂を示す・・・
内なる火と内なる水は、肉体の中にあって、魂がそれらを調和的に扱うものでなくてはならない
バランスを欠けば病む