Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

脱獄幇助の夢

頼りになる同じ医局の同期の女医T先生が何故か受刑者になっている
当局の監視の眼は強いが、彼女の受刑者を示すタグを外そうとしている
タグを外せば一般市民に戻れる
彼女が当局に捕らえられているのは何か理不尽な理由だ
タグは電子錠になったたすきの様なもの
他にも幾人かの受刑者の脱獄幇助をしようとするが、リスクが高すぎてやめる
その後私は人混みに紛れるが、当局から「獣の印」を持つものとして追われることになる

※獣の印

「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(黙示録13章16-18節)