Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

Baymaxと魂の導者

数年前に公開されたティズニー映画ベイマックス

主人公は天才少年だが幼いときに両親を亡くし

兄もとある事故で亡くしている

失意の底で引きこもりとなり、飛び級で合格した大学にも行こうとしない

彼の危機的状況に兄が残したロボット研究の遺品Baymaxが起動する

まだ開発途上のロボットだが、彼の使命は主人公の心と身体を護ることだという

人工知能が完璧でないのでちぐはぐなやり取りから始まるが

主人公とともに冒険し、主人公を護り

孤独になってしまった主人公の家族となり

兄の命を奪った敵と戦う相棒となる

最後Baymaxは次元移転装置の中に取り残されて死ぬが

主人公にAIチップを託したことで見事復活することができた

尊敬する兄の研究遺産としてこのロボット開発を引き継ぐことで主人公の人生の目標になる

 

物語の中でのBaymaxの役割は

危機的状況で現れて救い出す者・心と身体の庇護者・戦友・家族・人生の目標・魂の導者である

典型的なプシュコポンポスだと思う

敵と戦うときの姿には翼もついている

 

映画の宣伝も日本では癒し護る姿がCMにされ、

アメリカでは共に敵と戦う相棒の姿がCMにされていた

これもその理由を考えると面白い