Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

アクティブイマジネーション、白昼夢、アストラル旅行

夢からのアクティブイマジネーション

夢をゲートに用いる白昼夢

夢をゲートに用いるアストラル旅行とアストラル投射

おそらくやっていることの本質はほぼ一緒である

 

アストラル旅行は上手く行っていると魂だけ違う次元を泳いでいる感じになる

かなり不思議な浮遊感があり

そこで行った魔術行為は3次元には共時的イベントとして何かが顕現することも多い

 

アストラル旅行から肉体に戻ってくるときミクロコスモの壁であるマンダラ的なワープゾーンを通ることがよくある

これが、世界意識と個人の意識の壁である

この壁を抜けられるようになるのには、やはり自分の魂の変容を繰り返すしかないのだと思う

ここを往来できるイメージを付けてしまうと世界が広がる

守護精霊のイメージがこのワープゾーン超えにとても有利である

よって魔術を志すなら、守護精霊とこの個人的無意識から世界の無意識に飛び出る壁をワープするイメージを視覚化すると良い