Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

薔薇十字団

 薔薇十字基本文書から

 

友愛団規則

滞在する国の習慣に従うこと

特別な衣服は着ないこと

印章としてRCの文字を使う

無報酬で病人を治療すること

年に一度精霊の館に集まること

友愛団の存在は100年間は秘密にする

各団員は後継者を見つけておくこと

 

パラケルススの思想の影響

ミクロコスモとしての人間は天と地の収束点、世界の中心核

世界は人間に依存している

人間は神殿であり、その能力は広大である

人間には通常世界の半分しか見えないが、アストルムと言われる残りの半分についても人間はその秘密に参入する能力を持っている

人間の魂が肉体によって表現されるのと同様に、世界の魂であるアストルムは、我々を取り巻く世界によって顕現する

それ故重要なのは、その印を認識し、偉大なるリベルムンディ世界の書の文字を読み取ることである

それは解読であると同時に創造でもある

なぜなら、アニマ・ムンディ世界精神は人間が考えたことを想像する、即ちそのイメージを形成し、自然の中で実現するからである

この様にして人間の魂は星に命令することが出来、

錬金術師は自然界の真の産婆となり、それ故神の協力者となる

自然の光は精霊によって灯されるのであり、神学と哲学との間に従属関係は存在しないからだ

 

 

薔薇十字団 (文庫クセジュ)

薔薇十字団 (文庫クセジュ)