Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

大いなる技の寓話7

我々はホムンクルスに教えられたとおり

メジェドとバーとカーを呼んだ

フラスコを壊してホムンクルスを取り出すとホムンクルスはすぐ息絶えてしまった

そこでその亡骸を麻布に包み、アテン神の石を添え新しいフラスコに特別に香りの良いセージとマジョラムとローズマリーを添えて

その亡骸を薬草の中に横たえた

するとメジェドは我々に言った

死の覚悟は出来ているかと

私とホルスは顔を見合わせてから抱き合った

メジェドはその眼光によって私とホルスを殺した

バーとカーが我々の体と魂を分かった

そして我々の魂はフラスコの中の香気に漂っていた

メジェドはフラスコを湯煎にかけた

薬草の香気はいよいよ強く立ち上り

そこでメジェドはコプト語で何か呪文を唱えた

すると我々の魂はアテン神の石の中に吸い込まれてしまった

メジェドは再びコプト語で呪文を唱えた

我々が吸い込まれた石が光を放ち、麻布の中のホムンクルスの亡骸が砕けた

そしてメジェドはコプト語でアテン神とラーに祈りを捧げた

すると麻布の中身は粉になった

そこでメジェドはフラスコを壊し、アテン神の石と麻布に包まれた粉を取り出した

麻布の中身はエリクシールになっていた

メジェドはバーとカーによって見届けられながら、そのエリクシールを私とホルスの体に使った

すると我々は三度意識を取り戻した

それを見てメジェドは我々に祝福の言葉を述べた

バーとカーも祝福した

我々はホムンクルスの知恵とアテン神とラーの力によってエリクシールを作り出し、それによって復活したのだ!

見よ!世界は以前にも増して輝きを放っているではないか!