Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

大いなる技の寓話5

さて、暗室で熟成したフラスコにムスターグアタの雪解け水を注ぐ

アラビアの錬金術師ならこの水の価値が分かるはずだ

そしてこのフラスコを正確に40℃・42℃・43℃に湯煎して人型を温浴させる

セージの葉の霊妙なる精髄が、黄色の樹脂と硫黄と明礬の人形へ命を吹き込むように祈る

各温度ごとに人形は少しずつ透明になる

そして43℃のセージ風呂ににおいてホムンクルスは誕生した

 

我々はホムンクルスに礼拝し、赤化の秘儀について尋ねた

するとホムンクルスは言う

 

アテン神の手のどれかに赤化の触媒となるラピスが握られているからそれを見つけよ

そして、最終作業では水銀は用いてはならぬ

フラスコの蓋を開けるとホムンクルスは間もなく死ぬのでその亡骸と

バーとカーの力を借りて我々の魂をフラスコ内の試料の中に封じ

メジェドによってオプスを完成させよ