Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

エメラルド碑文の寓話6〜星辰界で月の欠片を探す

残るは月のシンボルと木のシンボル

月のシンボルは星辰界で探さなくてはならない

天空時計があるのと同じ空間だけれど、天体空間なんて行ったこともないところだ

それで、ホルスの背中に乗せて貰うことにした

 f:id:Golden_Falcon:20170522010228j:image

ホルスは天空の神なので星の世界を案内してくれる

それで、水星・金星・火星・木星土星・月を天体模型のように俯瞰できる

太陽は太陽神ラーが運んでいる、忙しい神様だ

三日月へ飛んでいって挨拶し、月の欠片を取らせて貰った

それを持って天空時計のところへ帰ってきた

さあ、これで木のシンボルだけになった