読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Golden_Falcon’s Magica

現代魔術の実践の試み

我が祭壇

我が祭壇は寝室の一角にあり、極めてシンプルである

f:id:Golden_Falcon:20170421215227j:image

流木を麻糸で組んだ正四面体の中に卵形の方解石を置いている

方解石を座らせるために鹿革のクッションを併用している

植物と鉱物と動物、自然界を代表するものである

そしてこのオブジェの前にレコードキーパーという三角形の結晶痕跡を持つ水晶を置いてある

この水晶には鉱脈での水の痕跡も入っており、大地の歴史を刻むものである

 

■さて、この正四面体と卵の意図は何か?

私が夢で超越者から啓示を受けたとき、夢の冒頭で作ったオブジェである

正四面体は最も単純な立体空間、原初の三次元
卵は生み出す者、それは方解石でできており

方解石の屈折は物が二重に見えることから形而上と形而下あるいは意識と無意識を象徴する

その意図は形而下と形而上の統合から生み出されるものを示す

形而上と形而下の結合から3次元空間に新たなる事物を創造すること

すなわちホルスのアイオーンの到来を示している

これが超越者から受けた啓示にも繋がるため、祭壇のシンボルとして採用することにした