Golden_Falcon’s Magia

現代魔術の実践の試み

次の何かの競技のワールドカップでアンセムにシャウトを入れるとかで アメリカの有名歌手だという黒人男性が招かれて公開リハーサルしている 白いキラキラの衣装にサングラス 彼の歌声はシャウトには美声過ぎる感じ なぜパンクロック系ではなく、美声R & B系…

自爆テロの夢

霞が関ビル爆破 被害を受けた官庁の建物、主要な柱が損傷して ビル倒壊の危険性が高まっていると中継 目撃者の話から自爆テロだとされている この損傷ぶりからは犯人は生きてないだろ、と思っている すると「警視庁は容疑者として42歳医師の女の逮捕状を請求…

竜の乳

黒い竜は怒り狂って火を吐きながら物凄い勢いで飛んできた 私を迎えに来たようだった 私は竜に抱かれて回収されその胸の中で乳房をほおばった 竜の乳は私が飲み干せないほど溢れ出てきた 竜は言った 私の体がすっかり良くなるまで、毎日乳を飲まなくてはなら…

処刑人の夢

頭に真っ白な頭巾を被った処刑人がやってくる 顔も頭巾で隠れて真っ白で分からない 二人で私を処刑に連れて行くつもりだ

殺人樹の森

金や銀やプラチナの造形物で華奢な細い枝を巡らした木々が多い茂っている 葉っぱはないけれど枯れ木のような木々はみなキラキラとした貴金属で出来ている ただしそれらは危険で、枝に触れてしまうと私の皮膚は切り裂けてしまう 最初は何とかかすって怪我をし…

お腹の夢

首長竜のお腹の中にいた 案外広い空間にぬいぐるみを抱いて眠っていた 私にはへその緒がついていて ああ、そうだった、首長竜は胎生動物 快適な空間で眠っていた

奇妙な夢達

足元の地面が地震でめくれ上がったようにガタガタと波打っている だから私は会いに行くにも足場が悪くて苦労する 行かないで、ああたどり着けない 枯れ木のお化けが波打つように踊り狂っている 私を誰の目にも見えないところへ匿って 誰からの攻撃も受けない…

予約外外来の夢

大人も小児も診ている時間外外来のような場所 ごちゃごちゃしている ある患者さんが孫も連れてくる 2人とも喘息疑い 検査行って戻ってきてもらう 小児科の先生のオーダリングのところに割り込みで使わせてもらう 祖母は咳喘息、孫も疑わしい 祖母は孫の勉強…

アリシアンフォラの夢

知り合いの女医達が倹約生活について色々話をしている 私は物置の片隅に2つのボレロを見つける 誰のものでもなさそうなのでどちらかを着て帰ってもよさそう 何かのウールとリネンのようなものと 私はウール素材の赤茶色のボレロを選ぶ、電車の冷房が寒いとき…

舌にキノコの夢

左の舌先に口内炎ができていて 忙しい中で職場の人達で都会の大きな道路脇で野営している 口内炎について早く取れとアドバイスする人、見かけない年配の男性がいたが、 仕事の関係者でもなく無視 ドラクエのオオキヅチを連想するような人物 翌日になると口内…

大変気分の悪い夢

デパートの上が山岳地帯になっているような場所 フェンリルにしつこく追いかけられる 地上階の雑貨売り場から地下の飲食店街 上の方から山岳地帯へ出るところまで フェンリルが何か食べ物を持ってしつこく追いかけてくる 弟にも与えていた食べ物のようだ 追…

薔薇の玉座の夢

イソギンチャクのような質感の大きな薔薇のつぼみ そこの1カ所に隙間がある どうやら大きな椅子のよう 中に入って座るとやはり形は薔薇でもイソギンチャクのようなもの 私が椅子の中に入って座ってみるとつぼみがぎゅっと閉じた むぎゅっとして気が付くとつ…

麦畑とシャボン玉の夢

6月の実りの麦畑 シャボン玉の中にそれぞれ私とママとぬいぐるみが入って 麦畑の上を風に吹かれてプカプカ飛んでいた とてもメルヘンな夢

薔薇の巾着の夢

それは薔薇の咲き始めの花のようなものだった ひらひらとした花びらはイソギンチャクのように肉のような感触 その花びらの中心を両手で開くと巾着を開けるように入口があいた 本当にイソギンチャクのようだ 私はその中に入り込んだ 気持ちの良い空間に浮いて…

太陽の振り子時計

時計にはファラオの蛇がいて、振り子は悠然と時を刻んでいる ふと気付くと呆然とした私の隣には黒い竜がいた 背中に乗るかと聞かれたので肯いた あの赤い大きな振り子を見に行きたいと言うと 危険なところまでは行けないけれどと念押しされて竜は振り子へと…

左手で身体感覚について描く

インナーチャイルドワーク

左手で絵を描いてからメッセージを付けていく 左手慣らし こども・まいまいちゃん元気出して フェンリル・タヒね 父・守って

竜の玉の夢

背中に不思議な感覚 何か重荷が取り除かれるような軽い清透な感触があって 気が付くと竜の玉のような丸い球形の空間の中で 黒い竜に抱っこされていた

小児科医の夢

ある駅ビルのクリニックに喘息発作でかかった 小児科医といいながら年輩の人も多い その先生は面倒見の良い先輩のような感じで、知り合いのようだった あれやこれやと処置をしてくれるが ネブライザーや点滴ではなく、漢方やインタールの投与など 先生自らイ…

最後の晩餐の夢

見たことない女の子、私と同じくらいの背格好 その子は余命が1ヶ月弱 まだ色々食べられるうちにと 沢山の食べ物を作ってあげる しんどくて横になる時間も多いけれどまだ動けている 弟は終末期を知らないのでやや対応に困っている フェンリルもいるが無関心 …

越智先生の夢

奇抜なワークショップへ行った 簡単な挨拶をした かなり変人だけれど不思議なシャーマン 夢の中でずっと一緒だった 彼女が私の家になっているところへ来た 私も旦那もいた 彼女は気さくで、冷蔵庫の残り物でご飯を作ってくれたりした 私の家の裏手にかつて彼…

瞑想で飛んだときのビジョン

ボイスヒーリングとエナジーチャイム 読経とボイスヒーリングとエナジーチャイム

月光と狂気

風車と井戸が怒りを汲み上げている 風車を回すのは風ではなく月の明かり 満月はまぶしい 風車は回る、井戸は汲み上げる 怒りは狂気を誘う 見よ、私は今、灼熱に赤熱した龍になっていた 吐く息と鼻から炎が出る さあ龍よ、あの3人を焼き殺せ まず龍はIのとこ…

胸クソな夢

反応の悪い障害児に職員がさりげなく身体的虐待を繰り返している はじめは男の支援員がその子の頭を叩く すると女の支援員も気遣う振りして身体的暴力を振るう

浴室の夢

白い綺麗な浴室に、何処かから拾い集めてきた小さな汚れた木の実を 袋いっぱいに持ち込んで洗おうとしているが、 それは不毛な作業、浴室が汚れるだけだと思って嫌な気分になる するとその袋はなくなっていて、お湯を張った浴槽に黒い竜が入っている おいで…

ママの夢

私はママの膝の上 死んだりしたらダメよ? 私、そんなことしないよ

風景構成法再び

季節は秋の夕方 川は二本ある 遠景は針葉樹林の山々 ポプラ並木 中景は時期遅い彼岸花 稲刈りしたばかりの田んぼ 住宅街と住人、道路 手前の川と岩 近景は秋の枯れ野、燃ゆる紅葉樹林 そこに引きこもる鳥 これは1年半前の風景構成法

操車場の夢

線路が何十本もある広い操車場 列車が入庫で往来する危険な場所 そこで私は彷徨っている ポイント切り替えがある 列車が何処へ入ってくるかも分からず怖い

漁師と深海魚

青い海の中 深海魚がいくつか水面へ上っていこうとする リュウグウノツカイは悠然と泳いでいる もっと小さな深海魚が幾つか水面を目指している 素潜りの漁師が銛で小さな深海魚を幾つか仕留めている リュウグウノツカイは悠然と泳いでいる

腎臓の夢

お前の望みを叶えてやろう ピエロの声がした すると腎臓は火と水で蒸し焼きになってしまった あの声の主はロキかも知れない 恐ろしいことだ 私の腎臓は2つともレンジでチンしたみたいに完全に火が通ってしまった ああ、だめだ するとお母さんが腎臓を片方く…